顎整形で出しゃばりフェイスラインにおさらば!銀座のおすすめ美容整形外科比較

トップページ > 美顎情報 > 顎を削る整形の後には痛みが生じる

顎を削る整形の後には痛みが生じる

 綺麗な顔のラインは、女性にとっても男性にとって憧れの存在でしょう。
 顔のラインは美を意識する上ではとても重要なポイントで、とくに綺麗な顎のラインはとても大切です。顎のラインが小さい人は、丸顔に見えてしまうだけではなく、大人らしい美しさに見えないことが多いです。しかし、顎のラインはメイクなどでごまかすことは難しいことです。
 もし、顎のラインがどうしての気になるという人は、顎整形を行ってみることも良いでしょう。昔とは違い、顎のラインを整えることもそれほど難しいことではありません。


 顎のラインを整える場合は、さまざまな方法があります。
 顎が小さい人が顎のラインを強調するためには顎に直接ボトックス注射を行うなどのメスを使わない方法があります。ボトックス注射の効果は永久的ではありませんが、希望の膨らみに手軽にすることができます。
 そして、反対に突き出た顎の場合は骨格部分を削ることになります。顎が突き出ている場合や、顎が長すぎると感じる場合、また口が尖って見えるような場合は、顎を削る整形が半永久的に効果があると言えるでしょう。しかし、顎を削る整形を決断することは簡単なことではありません。
 顎のラインを整えることで見た目がとても変わりますので、整形を決意するときにはしっかりとした判断が重要なこととなるでしょう。また、顎を削って整える整形には痛みが伴うこともあります。手術中は麻酔により痛みを感じることはありませんが、手術後には腫れが出てきますので痛いと感じることになるでしょう。


 顎を削る整形の場合は一般的には手術時間は2時間から3時間ほどです。また、手術後には2回から3回ほどは通院を行うことになります。個人差はありますが、1ヶ月ほどは顎を削った部分の腫れが生じるでしょう。
 また、全身麻酔を行うことなどを考慮して、約3日間ほどの入院が必要な場合があることも理解をしておきましょう。
 実際の手術に関してはそれほど難しい手術ではありませんが、手術後に生じるリスクは行う前にしっかり確認をしておくべきです。とくに、顎を削る整形に関しては後から元に戻すということができないため、不安に感じるようなことがあればどのようなことでもしっかり確認をしておくことをお薦めします。
 顎のラインを整えることで、すっきりと綺麗な見た目になります。自分の理想の顔を手に入れることができますが、手術後のリスクもあることを前提に考慮してみましょう。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP