顎整形で出しゃばりフェイスラインにおさらば!銀座のおすすめ美容整形外科比較

トップページ > 美顎情報 > ヒアルロン酸を注射するタイプの顎整形方法

ヒアルロン酸を注射するタイプの顎整形方法

日本人の顔の特徴の1つとして、顎が低いという点があります。
そのため引っ込んだ顎によって、顔が膨らんで見えたり立体的に見えないということが多いです。
そのためコンプレックスの1つとして顎がへこんでいる人や低い人は高くしたいという希望を持つ人が多いです。
そのため美容整形の中でも顎整形を行う人は多くいます。
では実際に顎整形を行う場合ですが、今では美容クリニックや医療クリニックが増えて生きていることで、数多くの施術方法から選んで整形を行う事が可能です。
様々な整形方法のなかえも手軽で費用もリーズナブルに行える方法として、ヒアルロン酸注射を利用した施術方法があります。
メスなどを使って切開をする必要がなく、注射器で顎部分にヒアルロン酸を注射する方法は施術時間も約10分程度と短く行えます。
そのため初めて顎整形を利用する人に対して負担が小さく、理想的な高さのある顎にすることがd毛います。



脂肪溶解注射を利用した顎整形方法

日本人の特徴となる顎がへこんだ輪郭は、顔が大きく見えてしまいそれ自体がコンプレックスに感じる人は多くいます。
そのため顎整形としてシリコンプラテーゼを使用したり、ヒアルロン酸を注射することで顎に高さを持たせるといった施術方法を行う場合が多いです。
ですが中には顎自体は高さがあるにもかかわらず、顔自体に脂肪が多くついていることで顎が低く見えてしまうという場合もあります。
その場合の顎整形方法としては、顎自体に何か施術を行うという事はせず輪郭にある脂肪を減らす方法などがあります。
脂肪溶解注射と呼ばれる施術方法であり、余分な脂肪だけを溶かして小さくすることが可能です。
そうすることで余分な脂肪がなくなり、自然と顎の高さがわかりやすくなります。
また輪郭も脂肪が減ることで小顔に見える効果も期待ができます。
施術自体も注射を行うだけなので、負担もすくなく施術が行えます。



顎整形の1つとなる脂肪吸引方法

人の顔にはある程度の脂肪がついていますが、顎周りや頬には特に脂肪が溜まりやすいという特徴があります。
そのためもともと顎の骨が低い日本人にとって、顎周りの脂肪が原因で顎が隠れてしまい丸顔や大きな顔に見えてしまうという点が多いです。
そのため小顔になりたいと希望するひとも多く、顔周りや顎の低さがコンプレックスとなっていいることがあります。
そのため美容整形の1つとして顎整形を行う人はいますが、直接顎の高さを変えるだけでなく顔周りの脂肪を減らす方法があります。
その方法の1つとなるのが脂肪吸引方法になります。
顎自体の骨が消して低いというわけではないにも関わらず、脂肪が多くついていることで丸顔になっていたり顎が低く見える人におすすめな施術方法です。
脂肪を注射で取り除くことで、輪郭などがシャープになり顎の高さがしっかり表れるようにすることが可能です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGE TOP